沖縄青の洞窟の仕組み

透明度の高い恩納村の海にある沖縄青の洞窟の仕組みと洞窟の楽しみ方。世界中の海には様々な洞窟があります。その中には青の洞窟と言われるものがあり、世界中でも透明度の高い海にのみ存在します。なぜ青色の洞窟ができるのかと言うと、洞窟に太陽の光が差し込み、透明度の高い海水に通過して、反射します。反射した光が暗い洞窟の中にある海水面に抜けて、海底から照らされるようになります。そうなると海水が青色に見えるようになり、青い洞窟が出来上がるという仕組みです。朝、昼、晩で青の色の変化します。日本では沖縄県の恩納村にある真栄田岬に青の洞窟があります。沖縄青の洞窟の特徴は崖の下にあり、ドーム型の水中洞窟であるということです。沖縄青の洞窟は単独遊泳は地形などの理由で禁止されています。地元のダイビングやシュノーケリングスクールに申し込んで、地形を熟知したインストラクターと一緒に遊泳します。もともとこの洞窟は嵐が来た時の漁師たちの船の避難場所にされてきました。そのため、恩納村周辺ではこの青鵜の洞窟のことを『クマヤーガマ』と呼んで親しんできました。この洞窟は東シナ海に繋がっています。そのため、東シナ海特有のクマノミなど南海にいる海の生物にも出会えるということで観光客から人気スポットです。