PADIレスキュー

大自然の海のトラブルに立ち向かうPADIレスキューについての説明。PADIレスキューとは、大自然が相手の海にたいして満喫するものです。しかし、大自然が相手なため、予測ができないトラブルにも合うことがあります。ほんの些細なことでも大事故につながることもあります。例えば、少量の海水を飲んでしまって慌ててしまったり、機材をひっかけて身動きが取れなくなってしまったり、落ち着いて対応すれば、何てことのないトラブルでも慌ててしまったり、不安になってパニックに陥ってしまうことがあります。
こうならないために、また、そうなった時のトラブルにあった時の対応方法などを学んでより海を楽しめるようになる認定です。
PADIレスキューは、トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の時の救命方法を学ぶのです。実際の実技では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、陸上での輸送方法、応急処置など学びます。カリキュラムは、学科試験と実技としてレスキュー課題が10課題とシナリオに沿った実技が2つあります。最低でも実技で2日間以上時間を要します。PADIレスキューをとることで、自分自身の安全性が高まるだけでなく、トラブルを未然に防ぐ能力が身についたり、負傷したダイバーの救命方法や応急処置ができるのです。もっと海と密接な関係になれめす。